江の島エンジニアBlog
Rails4+RSpec+Capybaraでよく使うマッチャ&メソッド22個+α(第22回)
Capybara

nativeメソッドでネイティブオブジェクトを取得する

ネイティブオブジェクトを取得するnativeメソッドの使い方を説明します。 (2014/10/11)

nativeメソッドでネイティブオブジェクトを取得する

「」第22回の今回はネイティブオブジェクトを取得するnativeメソッドの使い方を説明します。

findメソッドで取得したオブジェクトでnativeメソッドを実行するとNokogiri::XML::Elementオブジェクトを取得できます。

find('h1').native

こちらを使うと例えば要素に指定されているclassの確認などを行えます。

it { expect(find_button('投稿する').native["class"]).to eq 'btn' }

nativeメソッドを使うと何でもできてしまうのですが、あまり使いすぎるとテストが読みにくくなるので必要な時だけ使うようにしましょう。

次回はCapybaraでmeta要素をテストする方法を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly