江の島エンジニアBlog
Rails4+RSpec+Capybaraでよく使うマッチャ&メソッド22個+α(第9回)
Capybara

have_selectマッチャで指定したセレクトボックスの選択内容を確認する

セレクトボックスの内容をhave_selectマッチャで確認します。 (2014/10/11)

have_selectマッチャで指定したセレクトボックスの選択内容を確認する

「」第9回の今回はセレクトボックスの内容をhave_selectマッチャで確認します。

have_selectマッチャでname属性が”category”のセレクトボックスがあることを確認するには

it { should have_select 'category', selected: 'Capybara' }

のようにマッチャを使います。

何も選択されていないことを確認するには空のリストを指定して

it { should have_select 'category', selected: [] }

というようにします。

次回からはCapybaraでのフォーム入力を行います。

まずはclick_onメソッドでのフォーム送信から始めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly