江の島エンジニアBlog
Git

よく使うGitコマンドのエイリアス&シェル関数トップ10+α

Gitコマンドはターミナルで最もよく使うコマンドなのでエイリアスやシェル関数にして実行しているのですが、実際に何をよく使っているか調べてみました。 (2014/12/04)

よく使うGitコマンドのエイリアス&シェル関数トップ10+α

この記事はGit Advent Calendar 2014の4日目です。

3日目は@sue738さんの「Githubのブラウザのみでブランチ切ってプルリクするまで」でした。おつかれさまでした。

今回はよく使うGitコマンドのランキングです。ちなみに、同じサブコマンドはまとめて集計しました。

ではさっそく結果発表です。

1位:とりあえずgs

これはgit statusのエイリアスです。

alias gs='git status'

「何の作業してたっけな」という時にまず打ってみるコマンドなので、やっぱり利用頻度が高いですね。

ちなみに2位の3倍のダントツ1位でした。

2位:ga, gapでインデックス追加

それぞれgit addgit add -pのエイリアスです。

alias ga='git add'
alias gap='git add -p'

gapの方はたまにしか使いませんが、結構便利です。

3位: gl, glnでコミットログ確認

これはgit log系のエイリアスです。

alias gl='git log --oneline'
alias gln='git log --name-only'
for n in $(seq 50); do
  alias gl$n="git log --oneline -n $n | tee"
done

普段はシンプルに見るのでglgit log --onelineに割り当てています。

行数指定の方はgl1gl10あたりを時々使ってますね。

4位: gps, gpsfでpush&プルリク

4位はgit push系のシェル関数でした。

gpsと打つと現在のブランチをoriginにpushして、プルリクエスト用のURLを表示するようにしています。

実行するとこんな感じになります。

[feature/add_function] % gps
Total 0 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To git@github.com:haracane/blog.enogineer.com
 * [new branch]      feature/add_function -> feature/add_function
https://github.com/haracane/blog.enogineer.com
https://github.com/haracane/blog.enogineer.com/tree/feature/add_function
https://github.com/haracane/blog.enogineer.com/compare/master...feature/add_function

ちょっと長いですが、シェル関数はこんな感じにしています。

function github-push() {
  local repository=origin
  while true; do
    if [ "$1" = -f ]; then
      local f_option=$1; shift
    elif [ "$1" = --repo ]; then
      repository=$2; shift 2
    else break; fi
  done

  local branch=${1:-$(git rev-parse --abbrev-ref HEAD)}
  local parent_branch=${2:-master}

  git push $f_option $repository $branch \
  && github-urls $branch $parent_branch
}

function github-urls() {
  local src_branch=${1:-$(git rev-parse --abbrev-ref HEAD)}
  local dst_branch=${2:-master}
  local url=$(github-push-url)

  echo "$url "
  echo "$url/tree/$src_branch "
  if [ $src_branch != $dst_branch ]; then
    echo "$url/compare/${dst_branch}...${src_branch} "
  fi
}

function github-push-url() {
  git remote -v | grep '(push)' | awk '{print $2}' | sed -e "s/^[a-z]*@\([a-z0-9\.]*\):/https:\/\/\1\//g" | sed 's/\.git$//g'
}

alias gps='github-push'
alias gpsf='github-push -f'

5位: gd, gdnで差分確認

5位はgit diff系です。

alias gd='git diff'
alias gdn='git diff --name-only'
for n in $(seq 50); do
  alias gd$n="git diff HEAD~$n"
  alias gdn$n="git diff --name-only HEAD~$n"
done

普段はgdを、変更ファイルを確認したい時にgdnを、直前のコミットの差分を見たい時にgd1を使ったりしてます。

6位: gci, gcm, gcaでコミット作成・変更

6位はgit commit系でした。

alias gci='git commit'
alias gcm='git commit -m'
alias gca='git commit --amend'

ちなみにgit commitをフックしてコミットメッセージに自動的にチケット番号を追加するようにしています。

7位: gco, gcofでブランチ切り替え

続いてはgit checkoutです。

alias gco='git checkout'
alias gcot='git checkout --theirs'

gcoは普通にブランチ切り替えに使ってます。

あとはgcot .で変更内容を元に戻したりもよくしてますね。

8位: gcofでブランチ作成

次もgit checkout系なのですが、ブランチ作成の用途がメインなのでランキングを分けました。

function git-checkout-force() {
  local branch=$1
  if [ $branch = $(git rev-parse --abbrev-ref HEAD) ]; then
    echo "Already on '$branch'" >&2
    return 0
  fi
  git branch -D $branch > /dev/null 2>&1
  git checkout -b $branch
}

簡単に解説すると

  1. 作りたいブランチが既にあれば削除
  2. git checkout -bでブランチを作成

ということを行って強制的にブランチを作っています。

いちいち作成済みだったかどうか気にせずにブランチを作れるので結構重宝しています。

9位: gpl, gplfでブランチ最新化

こちらはgit pull系のシェル関数です。

現在のブランチをoriginからpullします。

function git-pull() {
  local repository=${1:-origin}
  local branch=${2:-$(git rev-parse --abbrev-ref HEAD)}
  git pull origin $branch
}
alias gps=git-pull

gplfの場合は完全にoriginのブランチに置き換えるようにしています。

function git-pull-force() {
  local branch=$(git rev-parse --abbrev-ref HEAD)
  git-checkout-force tmp 2> /dev/null
  if [ $? != 0 ]; then return 1; fi
  git branch -D $branch > /dev/null 2>&1
  if [ $? != 0 ]; then return 1; fi
  git fetch
  if [ $? != 0 ]; then return 1; fi
  git checkout $branch
}
alias gplf=git-pull-force

見ての通り実はgit pullコマンドは実行してなかったりします。

10位: grbi, grba, grbcでコミット書き換え

10位はコミットの整理に欠かせないgit rebase系のコマンドです。

alias grbi='git rebase -i'
alias grba='git rebase --abort'
alias grbc='git rebase --continue'
for n in $(seq 50); do
  alias grb$n="git rebase -i HEAD~$n"
done

grb2とかgrb3とか割とカジュアルにrebaseできて重宝してます。

その他: grs, grsh, glcpとか

他にはgit reset系ではこんな感じのエイリアスを作ってます。

alias grs='git reset'
alias grsh='git reset --hard'
for n in $(seq 50); do
  alias grs$n="git reset HEAD~$n"
done

あとは直近コミット取り込み用のgit cherry-pickコマンドを生成するシェル関数もよく使っています。

function git-log-cherry-pick() {
  local count=${1:-10}
  git log --oneline | head -n $count | tac | sed 's/ / #/' | sed 's/^/git cherry-pick /g'
}
alias glcp=git-log-cherry-pick
for n in $(seq 50); do
  alias glcp$n="git-log-cherry-pick $n"
done

まとめ

以上、よく使っているgitエイリアス&シェル関数のまとめでした。

基本的に自分で使うだけなので適当なところが多いですが、参考になる物があれば幸いです。

5日目は@ayatoさんです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly