江の島エンジニアBlog
Redis

キャッシュバック賃貸の新サービス「住まいの調査隊」でのRails&Redis活用

10/1にキャッシュバック賃貸から、住まいに関するアンケート調査結果を発信する「住まいの調査隊」をリリースしました。「住まいの調査隊」ではRails+Redisで人気記事ランキングを行っているので、その事例を簡単にご紹介します。 (2014/10/02)

10/1にキャッシュバック賃貸から、住まいに関するアンケート調査結果を発信する「住まいの調査隊」をリリースしました。

「住まいの調査隊」ではRails+Redisで人気記事ランキングを行っているので、その事例を簡単にご紹介します。

住まいの調査隊とは

テーマ毎にアンケート調査を実施し、その結果をまとめた記事を発信するサービスです。

「お部屋選びで後悔したことは?」、「一生賃貸派?持家購入派?」といった引っ越し・住まいに関するユーザ目線の記事を読むことができます。

第一弾の記事では「あなたが絶対に譲れない賃貸住宅の条件は?」がテーマとなっていて、「通勤・通学にかかる時間」が1位となっています。

Redisの活用:ソート済みセット

「住まいの調査隊」では右サイドバーに人気記事を表示しているのですが、ここでRedisのソート済みセットを利用しています。

Redisにはkeyに対して複数のmemberとscoreを登録できるソート済みリストという機能があり、こちらを利用するとランキングを簡単に取得できます。

まず、RubyからRedisを利用するにはredis-rbをインストールします。

PV数のカウント

redis-rbを使って記事のPVをカウントするにはzincrbyメソッドを使います。

redis = Redis.new(host: "localhost", port: 6379)
redis.zincrby("article_pv_counts", 1, article.id)

PVランキングの取得

ランキングの取得にはzrevrangeメソッドを使います。

popular_article_ids = redis.zrevrange("article_pv_counts", 0, 9)

とするとPV数のトップ10ランキングを取得できます。

あとはこのidを使ってデータベースから記事データを取得すればOKです。

まとめ

住まいの調査隊」ではこちらで紹介したRedisでの人気記事ランキング以外に、おすすめ記事やカテゴリからも記事を探せるようになっています。

読んでみて面白いと思った記事があったら、「いいね」やRTなどをお願いします。

なお、アンケート調査依頼も受け付けていますので、気になるテーマがあったら気軽にご応募ください。

以上、リリースのご報告とRedis活用事例のご紹介でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly